【よう実】堀北鈴音について解説 孤独から他と並ぶようなクラスのリーダーに!

引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

黒髪ロングで美人な最初のヒロインとして登場し、綾小路とは険悪な関係だった。

だが、自分ひとりの力では他クラスと戦うことが難しいと感じてからは、綾小路やクラスメイトと協力してリーダーシップを発揮している。

最近は。どんどん魅力的になっていく堀北が、第2の主人公になっているように感じる。

堀北が一番成長を感じさせるキャラクターだからだ。

そんな堀北をざっくりではあるが、まとめていく!

登場の初期

綾小路の隣の席で、友人ではなく隣人という言葉がよく使われていた。

その頃はTHE ツンデレという感じで、自分の優秀さを疑わない一匹狼だった。

なかなか暴力的で、綾小路はよく被害を受けていた(笑) 今では考えられん

綾小路が櫛田と楽しそうに話しているのを見て、少し嫉妬しているような仕草を見せたところは可愛く、2人が恋愛関係に発展していくのだろうと思っていた。 (黒髪ロングのヒロインは大体どの作品にもいるしね!)

だがそんな予想とは反対に、2人の関係は恋人ではなく教師と生徒に近くなっていく。

もしかするとそれがよう実の本筋なのかもしれない。

だんだんと成長し、リーダーへ

憧れの兄に追いつくために1人で努力を重ねたことで個としての能力は高いが、人とのコミュニケーション能力は驚くほど低かった。

2年生編になってリーダーとして受け入れられた今でも、そのことを綾小路にいじられている(笑)

そんな状態だったが、無人島試験でのリタイアと体育祭で龍園に散々にやられたことから、協力の重要性を理解する。

自分の非を認めて須藤に謝罪し、下の名前で呼ぶことを許した場面はかなり良かった。

クラスで統率力がある平田と軽井沢、そして隣人の綾小路と協力し、ペーパーシャッフルで勝利をする。

それでも、中学時代の秘密を知っている櫛田は、歩み寄る堀北を拒絶してクラスの懸念材料は残る。

1年生編の最後に

憧れだった兄が学校を去る日に、これまで印象が強かったロングヘアからショートヘアになった。

それは今まで兄を追っていただけだった自分からは変わる決意だった。

ロングバージョンの堀北も良かったが、ショートになって三つ編みのある堀北もかっこいい。

6巻のバレーをしている口絵は躍動感があり、かなりいい!

ようこそ実力至上主義の教室へ  1st Season  第1巻
 

2年生編になって

もうすっかりリーダーとしての役割を果たしている堀北を見るのが珍しくなくなった。

テストの点数で綾小路に負けて、生徒会に入ったことはかなり大きな出来事だった。

南雲の生徒会で何をするのか?八神とはどのような関係になるか?一之瀬と堀北はどちらが次期生徒会長になるのかなど、気になることが多い。

生徒会の出来事にスポットライトが当てられる巻もありそうだ。

そして、一番の見どころは櫛田を残す選択をしたことだろう。

綾小路が櫛田を退学させる方向に進めていたところに、自分で行動を起こし、結果的には綾小路の予想すらできなかった結果に導いた。

ここが大きな転機だと個人的には思う。

少しずつ綾小路を超えていく始まりなのだろう。

そして、1次はどうなるかと思われた櫛田残留も良い方向に進み、堀北クラスはより盤石なものとなった功績は大きい。

修学旅行での告白

堀北はずっと須藤に好意を抱かれていたが、本人にその自覚はなかった。

修学旅行を期に告白を決心した須藤は、思いを伝える。

堀北は戸惑ってこそいたが、拒絶はせず気持ちを素直に受け止めたうえで、好意というものを抱いたことが無いことを伝える。

その時の堀北の浴衣のイラストがたまらなく可愛い!!

堀北が今後誰かに好意を寄せることがあるのかに注目。

まとめ

おそらく堀北は一番退学の可能性が低いのではないだろうか?

卒業の時に綾小路と堀北学と3人で話す展開は確実にあると思う。

綾小路がクラス移動をした後は、堀北視点で物語が進んでいく展開も考えられる。

綾小路を超える敵が登場することは、ほぼ考えられないからだ。

櫛田を残し、佐倉を切ったことでまとまっていたクラスも荒れているので、堀北がどう対処するかが楽しみ。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編5巻 (MF文庫J)
 

1年生


天沢 一夏

石上 京

高橋 修

八神 拓也


宇都宮 陸

椿 桜子

七瀬 翼

宝泉 和臣
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

坂柳クラス


神室 真澄

鬼頭 隼人

坂柳 有栖

橋本 正義

山村 美紀
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

一之瀬クラス


網倉 麻子

安藤 紗代

一之瀬 帆波

神崎 隆二

小橋 夢

柴田 颯

白波 千尋

姫野 ユキ

南方 こずえ
引用元 ©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会/ようこそ実力至上主義の教室へ/トモセシュンサク/MF文庫

龍園クラス


石崎 大地

伊吹 澪

葛城 康平

金田 悟

小橋 夢

椎名 ひより

時任 裕也

西野 武子

藪 菜々美

山下 紗希

龍園 翔

山田 アルベルト
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

堀北クラス


綾小路 清隆

池 寛治

小野寺 かや乃

軽井沢 恵

櫛田 桔梗

高円寺 六助

(佐倉 愛理)

佐藤 麻耶

篠原 さつき

須藤 健

長谷部 波瑠加

平田 洋介

堀北 鈴音

松下 千秋

三宅 明人

幸村 輝彦

王 美雨
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

3年生


朝比奈 なずな

南雲 雅

桐山 生叶

鬼龍院 楓花
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

卒業生・教員


橘 茜

堀北 学

真嶋 智也

星乃宮 知恵

坂上 数馬

茶柱 佐枝

司馬 克典

月城
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました