【よう実】小野寺かや乃について解説 高い身体能力と冷静な思考でクラスに貢献

引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

Dクラスでスタートなので、名前は時々出てきてはいたが、詳細は明かされてこなかった。

そして、2年生編6巻でようやくビジュアルが明かされ、大きく活躍することとなる。

イラストから、ショートカットで活発な印象を受ける。

6巻の表紙から須藤との相性がとても良いように思った。

キャラ詳細

堀北クラスで、水泳部に所属している女子。

たびたび名前だけ登場していた小野寺だが、よりピックアップされたのは坂柳による一之瀬への攻撃の時だった。

櫛田から情報を得るために綾小路が、一之瀬を助けるという名目でクラス内の人間関係を聞いて掲示板に流した。

その中の一つに「佐藤は小野寺のことが嫌い」というものがあった。

結局、小野寺と佐藤の衝突などは起こらなかった。

佐藤は女子らしい性格で、小野寺はサバサバした男子のような性格なので確かに相性は悪そうだ。

身体能力が問われる試験では名前が出てくる頻度が高く、クラスの重要な戦力と認められている。

6巻では自発的に行動してクラスを引っ張っていこうとしていたり、須藤を冷静にさせたりなど身体能力以外の能力も高そうだ。

第2次無人島試験

無人島で綾小路と七瀬が行動していた時に、七瀬だけ競泳の競技に参加したことがあった。

その時に、身体能力が高い七瀬でも及ばなかったのが小野寺だった。

小野寺は水泳部なので一番の得意分野なので、他の種目ではどうなるか分からないが七瀬に勝てる数少ない女子だ。

綾小路も、小野寺のことを認めているような発言をしていた。

体育祭

満場一致特別試験で亀裂が入ったクラスが先に進めないでいるところで、先陣を切って行動したのが小野寺だった。

自分と双璧をなす身体能力を持つ須藤に共闘を持ち掛け、自分たちがクラスを引っ張っていこうとしていた。

その時にいた綾小路には警戒していたようだった。

宝泉に逆上してしまいそうになった須藤をなだめて冷静にさせたことは、大きな貢献だった。

体育祭が終わった時に共に戦った須藤への好意に気付いたようで、堀北を探す須藤を複雑な思いで見ていた。

ここまでスポーティーな面が多かっただけに、ここのギャップはとても可愛いと思った。

まとめ

これまで注目されてこなかった小野寺だが、今回の体育祭で活躍した。

なのでこれからの登場はかなり増えそう。

堀北クラスの大きな戦力としての活躍や、須藤との恋愛の進展もこれから見たい。

学力面でのリーダーが堀北・幸村ならスポーツ面では小野寺・須藤となっていくのだと思う。

龍園や坂柳のように一強よりも、クラスメイトがバランスよく強くてリーダー以外が活躍できる体制はかなり強い。

ショートカットで可愛いビジュアルなのでぜひイラストも増やしてほしい。

文化祭でメイドやったのかな?

水泳部なので水着姿も見てみたい(笑)

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編6巻 (MF文庫J)
 

1年生


天沢 一夏

石上 京

高橋 修

八神 拓也


宇都宮 陸

椿 桜子

七瀬 翼

宝泉 和臣
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

坂柳クラス


神室 真澄

鬼頭 隼人

坂柳 有栖

橋本 正義

山村 美紀
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

一之瀬クラス


網倉 麻子

安藤 紗代

一之瀬 帆波

神崎 隆二

小橋 夢

柴田 颯

白波 千尋

姫野 ユキ

南方 こずえ
引用元 ©衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会/ようこそ実力至上主義の教室へ/トモセシュンサク/MF文庫

龍園クラス


石崎 大地

伊吹 澪

葛城 康平

金田 悟

小橋 夢

椎名 ひより

時任 裕也

西野 武子

藪 菜々美

山下 紗希

龍園 翔

山田 アルベルト
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

堀北クラス


綾小路 清隆

池 寛治

小野寺 かや乃

軽井沢 恵

櫛田 桔梗

高円寺 六助

(佐倉 愛理)

佐藤 麻耶

篠原 さつき

須藤 健

長谷部 波瑠加

平田 洋介

堀北 鈴音

松下 千秋

三宅 明人

幸村 輝彦

王 美雨
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

3年生


朝比奈 なずな

南雲 雅

桐山 生叶

鬼龍院 楓花
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

卒業生・教員


橘 茜

堀北 学

真嶋 智也

星乃宮 知恵

坂上 数馬

茶柱 佐枝

司馬 克典

月城
引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました