【よう実】クラスが分裂?龍園の策略も、初の体育祭 1年生編5巻まとめ

引用元 ©ようこそ実力至上主義の教室へ/衣笠彰梧/トモセシュンサク/MF文庫

本格的に、クラス対抗戦の傾向がありましたね。読み応えが、グンと上がった気がします。

登場するキャラも、増えてきたので覚えるのが大変そうです(笑)

体育祭ということで、綾小路の身体能力の高さを見ることができると期待します!

体育祭の開始

2学期が始まって、学生らしい体育祭が開催されること発表された。

全学年が紅組と白組に分かれて、戦う方式で勝敗を争う。1年生はAD組とBC組に分かれて争っていく。 この設定は珍しいんじゃないんだろうか? 単独クラスによる戦いではなく2クラスが協力するのはかなりハードルが高そう。 堀北と一之瀬のクラス同盟以外は、他クラスはすべて敵だと戦ってきただけに、やりにくそうだ。

足並みが上手くそろわないDクラスも須藤を中心として戦っていく。

無人島のようにクラスの各々が勝手な意見を通そうとすることはなく、クラスの勝利のために行動していた。

龍園の攻撃

4巻のラストに龍園は堀北に対し「次のターゲットはお前だ」と宣戦布告した。

その言葉の通り、体育祭でCクラスは堀北を標的にする。 この時点ではDクラスの作戦を立案・実行したのが堀北と思われていますね。 綾小路が上手く身を隠してますね(笑)

そして、Dクラスの走る順番に合わせるようにCクラスの有利なように走者が決められられていた。

クラスの中に裏切り者?

本来ならば、クラス内部だけで共有していたはずの情報だったが、明らかにCクラスに漏れていた。

追い打ちをかけるように、Cクラスの木下がレース終盤に、絡まるように堀北と共倒れする。

それが原因で、堀北は足首をねんざしてしまい、競技には参加できなくなってしまう。

作戦として相手を負傷させることを実行できる龍園は恐ろしい…

堀北からすると、龍園の策略だということは明らかなのだが、証拠をつかむことはできなかった。

堀北は正攻法ではとても強いですが、どうしてもルール外の一手には弱い傾向がありますね。 綾小路がそれも堀北に対して教えたりするのでしょうか?

堀北の成長

個人主義を貫いていた堀北は、高度育成高等学校に入学して以来、徐々に精神面での成長をしていた。

クラスの信頼も得て、これはいい感じだぞ! と思っていたが、須藤と折り合いが合わずに揉めてしまう。

須藤がいなければ、確実に負けてしまうという状況。堀北は、プライドを捨て疾走していた須藤と話し合い、連れ戻すことに成功する。

初めのころは2人とも自我が強く他人との折り合いなんてつけられない性格だったが、ここまで変化していることは驚きだ。

本気

今まで、綾小路は実力があることがほのめかされていたが、ようやく目に見える形での発揮となった。

体育祭での一番の見せ場のリレーの前にDクラスはけが人を出してしまう。

その代走として綾小路が名乗りを上げ、走ることとなる。

ここで、果たして本気を出すのか?と半信半疑だったが、なんと、堀北兄に“本気で走る宣言”をする。

そして、綾小路にバトンが渡るとみる人が驚きほどの速さで駆け抜ける!

ここを見ていたら、爽快でたまらなかった!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました